アフィリエイトアーカイブス

アフィリエイト情報ブログ、講座、方法など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年にはアフィリエイト市場が1000億円越え

2009/9/2の矢野経済研究所のリリースより。
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000518

2008年度(2008年4月~2009年3月)アフィリエイト市場規模は、PC向けアフィリエイトが521億5,000万円(前年度比117.3%)、携帯向けアフィリエイトが291億6,000万円(前年度比125.7%)となった。費用対効果を重視する新規広告主の増加等が市場拡大に寄与している。

今後伸張率は鈍化するものの、2009年度(2009年4月~2010年3月)には、アフィリエイト総市場規模は、949億円(前年度比116.7%)に、更に2012年度(2012年4月~2013年3月)には、1,235億円(前年度比106.0%)まで拡大すると予測する。

アフィリエイト市場が活発になるとどういう事が予測されるか?
考えてみました。
では続きをどうぞ。
アフィリエイト市場が1000億越えの成長産業になって行く事は明白です。
楽天やA8、アクセストレード、バリューコマース等に広告を出稿している企業やお店等は、いち早くアフィリエイトシステムを導入する事で、ライバルとの差を大きく突き放しました。

未だにアフィリエイトシステムを導入していないお店が不思議なくらいです。
何故売り上げが2倍3倍・・10倍にもなるようなアフィリエイトシステムを導入しないのでしょう?

これからアフィリエイト市場が大きくなるにつれて、我々アフィリエイターも、サイトにマッチングした広告プログラムを選びやすくなると思います。

広告出稿側としては、ライバルが増えるため、より興味を惹き易いバナーを製作したり、ネット運営担当の人員が必要になってくるでしょう。

また、求人もそれに合わせて増えることになります。いいスパイラルですね♪

そこで問題なのが、アフィリエイターの増加による、ネットの情報氾濫です。
広告主が増える→アフィリエイターが増える→ネット上にブログやサイトが乱立し、情報氾濫を起こす。

スパムブログやサイトは勿論増えると思います。
ネットユーザーははこの情報氾濫に対して、どう感じるか・・がこれからの観点になって行くと思います。

検索しても、自分が欲しい情報にたどり着けない

いくら探しても手に入らないので、ネットを使う事に疲れる

リアルで情報を探す。
という行動になるかもしれません。

この問題は、我々アフィリエイターが、一つ一つのサイトやブログの質を上げていくか、大手検索エンジンの質の向上に頼るしかありません。

この未来を予測すると、ペラページや数ページしかないサイト等は検索エンジンから除外されていくと思います。
検索エンジンは広告費で成り立っていますから、利用者が居なくなると、その価値が無くなってしまいます。
↑の様に考えた検索エンジンの中の人が、もしかしたら現れるかもしれません、可能性は0ではありませんから。

この先、量産系アフィリエイターは淘汰されていくと予想します。
今まで量産で稼いでいたアフィリエイターは
今のうちにパワーサイトを作る方法を学んでいた方がいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
[ 2009/09/08 06:44 ] 管理人コラム | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/05 08:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気ページ
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。